Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2013年3月31日日曜日

Leaving Sendai..


ついにこの日がやってきました。
仙台を去る日。

でも最後の一日、すごい充実した日となりました。

朝は教会でイースター礼拝。

「イースター」というのは
「イエス・キリストがよみがえられた日」ということで
教会ではお祝いの日です!

礼拝の後はみんなで持ち寄りパーティ−!





写真はおくらがクローズアップされちゃってるけど
たくさん食事が並んでました♪

デザートも!




チョコレートケーキは
前に来たボランティアさんが送ってくれたケーキ。
めっちゃおいしかった!

そして前々から
「持ち寄りパーティーはずむさんの送別会も兼ねます」
ってことになってて、
私の送別会の意味もあることは分かってはいたんだけど
会の途中で急に教会の牧師先生が

「ではここでずむさんに感謝状を渡したいと思います」

って言い出しました。

私はみんなで色紙かなんか書いてくれたのかな〜って思ってたら
先生のかばんから表彰状らしき物がっ!

まじの感謝状じゃんっ!



そして先生が読み上げてくれて
みんなに拍手されながら受け取りました。

しかも「安定的で適切な貢献」ってとこが
めっちゃウケた!!

この牧師先生を知ってる方なら分かると思うけど
こういう言い回しをするんです。
なかなか「安定的で適切な貢献」って人のことほめないよね。
その先生らしさ満点の感謝状、とっても嬉しかったです。

そしてその後に花束とみんなからのお手紙をくれました。



「ずむちゃんのイメージを伝えて
 フラワーアレンジメントしてもらったんだよ〜」
って言ってました。
そんなことできるんだね。

私のイメージの割にはやけにかわいい色合いだけど
なんて伝えたんだろう。気になる〜。笑

良い人たちに囲まれて幸せな時間でした。

==
そしてその後、
いとこみたいな友だちがミュージシャンやってて
あるアーティストの仙台ツアーがあるということで
ゲストとして中に入れてもらいました!



めっちゃ楽しいライブでした。
名前書くと検索ひっかかって
ファンとかに「無料で入ったのかよ」
って思われるといやだからやめよっと。

ちなみに男性R&Bシンガーで
ヒップホップもスローバラードも歌うという
2時間があっとういう間に感じるライブだったわ〜。

その入れてくれた友だち、
最近は結構有名な人のギターとかもやってて、
今はギターの仕事だけで生活してるから
今回はライブ見させてもらうの2回目だったんだけど、
「あぁ〜本当にギターで食べてるんだな〜。」
と感動してしまいました。

なんかちっちゃな頃から知っている弟みたいな子が
成長してる姿を見るのっていいもんですね。

それを前に本人に
「感動したよ〜。大きくなったな〜って思って」
と伝えたら、
「そこっ!?」
ってつっこまれたけどね。

いや、ギターのうまさはもちろん、
もろもろ感動しました。

ということで、
私の仙台の最後の一日にふさわしい充実した日♪



2013年3月30日土曜日

【レストラン】七ヶ浜でカレーとパスタの店!

そしてその後は
七ヶ浜のカレーとパスタの店へ!




教会のお世話になったお姉さんに連れて行ってもらいました。
カレーとパスタの店なのに
グラタンがおいしかった!


名物はチーズスパゲッティーっぽいです。
鉄板の上にパスタがあって
その上にチキンカツみたいのが乗ってて
チーズがかかっているという
この店のオリジナルだそうです。

次回もし行くことがあったら
チーズスパゲッティーが食べたいな♪

==
そしてそのお姉さんとご飯食べ始めたら
急にお姉さんが入って来た人を見て
「○○さん!?」
と話しかけてお互い若干涙ぐんでいました。
そしてしばらく話をしていました。

そのお姉さんに後から話を聞いてみると
その方とは震災後初めて会ったとのこと。

その方は震災で家が流されて
震災前はたまに家に遊びに行っていたんだけど
震災後、命が無事だということは
公民館の名前のリストを見て分かっていたけど
その後、息子さんの家かどこかに行ってしまったから
連絡先も何も分からず会いたいなと思っていたそう。

そうしたら今日会っちゃいました!
2年以上ぶりに!

一番印象的だったのは
「元気だった?」という問いに
その方が「生きとったよ〜」って答えていたこと。

そりゃ家が流されてしまったら
みんなに「生きてるか死んでるか」って
心配されまくったんだろうなって思いました。

2年経ってやっと連絡が取れる人がいるとか
現代の日本でありえるんだな〜。

そう思うと2年って本当に短いんだなって思いました。
2年じゃ元には戻らないんだなって思いました。

震災から2年経ち、3年目。
最近聞いた言葉は

今の日本に必要なのは
「がんばろう日本」ではなく
「考えよう日本」なのではないか。

ということ。

本当にそうだなって思う。
原発のことや、これからの生き方、考えよう日本。





2013年3月29日金曜日

Last Working Day

1年8ヶ月勤めた団体を去る日がやってきてしまいました。
でも最後の日まで引き継ぎやら片付けやら
やることが山積みで本当に終わるという気が全然しませんでした。

でも東京の本部からお花の色紙が送られてきて、
「あぁ終わるんだな」ってことを少しだけ実感。



これ、よく見たら帽子なのかな?
写真撮って初めて分かった私。

==
そして、昼ご飯はお世話になった教会の先生との
最後の感謝会の食事。

豪華!



わーい♪

お魚の横にはカニさんもいました☆



本当に毎日食べて遊んで何しているんでしょう。
私。

でもこの合間合間にお掃除したりとか、
会計の引き継ぎしたりとか、
いろいろしてるんですよ!
(言い訳がましい。笑)

でもその証拠にオフィスはこんなに綺麗になりました。


綺麗になったというか物がなくなったから
かなり閑散とした状況になりましたが
この物をなくすという作業もなかなか大変なのです。

ちなみに私のデスクは奥の大きい机。
社長席でしょ♪

いや、最初は真ん中のデスクでやってたんですよ。
だけど会計の人が辞める時に私が会計引き継ぐことになって
前の会計の人がそのデスクだったから
自動的に私にその席を譲ってもらいました♪
しかも一番良い社長椅子まで◎

前の会計の人はジャンケンでその椅子を勝ち取ったんだけど、
今回は
「オフィスにいる時間、ずむちゃんが一番長いからいいよ」
とそのまま譲ってもらいました♪

==
それはさておき、
今日は最後のWork dayということで
最後にスタッフ全員で集まって祈って終わりました。
私は今まで来てくれたボランティアの人や
今まで一緒に働いたスタッフの人たちのことが思い出され、
それから仙台に残ってこれからも支援を続けていくスタッフのために祈りました。

そしたら私の後に祈ったお姉さん的(お母さん的?)存在のスタッフさんが
私ともう一人去る男の子のために祈ってた時に泣き出しちゃって
私もめっちゃもらい泣きしちゃいました。
泣く予定じゃなかったのに泣いてしまった・・。
私、泣かれたら本当に泣かずにはいられません。
ただでさえ涙もろいのに。

でも自分の部屋が片付いてないし、
その最後の祈りが終わった後も
すぐに走ってバタバタと歯医者へ行かなくちゃいけなくて
なんだか寂しさに浸れない状況の私。

よしっ!気合い入れてがんばる。




2013年3月28日木曜日

仙台最後の牛タン


仙台といえば?

GYU-TAN!!!

牛タンですよね。

ということで、仙台最後の牛タンを食べに行って来ました。

牛タンはチェーン店の「利久」ってとこが有名で
最初の頃は利久に県外の人たちが来る度によく行ってました。

だけど一番安い定食で1500円くらいはするし、
経済的にもきついな〜って思ってました。
でも他の店でもそのくらいするので
「牛タンは高級料理」と割り切って
お客さんが来た時はしょうがないって思ってたんだけど、
そんな時、地元の友だちに良いお店を紹介してもらいました。

」(わか)ってお店。

店の外見からするとめっちゃ高級そうなのに
なんと牛タン定食が890円という安さです!
しかもとろろが100円で付けられるので
とろろを付けても990円!
安い〜♪

しかも利久よりも牛タンの量が多いです。
利久行くくらいならぜひ「若」へ!
おすすめです。
だけど、仙台駅の近くにあるわけではないので
旅行で来てる人には微妙かも。

車持ってる方は駐車場もあるし
駅周辺で食べるより全然おすすめです。

仙台駅周辺にいて、
生肉とかが好きな方で
経済的に余裕のある方は
是非とも「」(かく)に行ってくださいな♪

閣では、生とたたきの牛タンが食べられます。
どちらも一皿2500円くらいしたと思うけど、
それを定食とは別に4人くらいで分けて食べると
良い感じです◎
観光で一回食べるだけなら奮発して是非食べて欲しい一品です。

仙台の牛タンは
全国で食べる薄い牛タンとは厚さが全然違うので、
仙台にお立ち寄りの際は
ぜひ食べてくださいな♪


2013年3月27日水曜日

仙台市科学館


今日は「仙台市科学館」へ。
仮設住宅の子どもたちとの春休み企画です♪

いつも食事して、お茶のみして、遊んでばっかじゃん、
って思われそうですが、
自分でも「なんか最近仕事してないな?」って思ってます。

でも楽しみながら仕事ができるというのは
本当に嬉しいことです◎


仙台に1年8ヶ月いながら初めて行きました。
仙台市科学館。

私はお弁当を購入して持ってく係だったので
途中から合流!


大人入場料は500円で子どもは200円なんだけど、
仮設住宅からでという事で無料にしてくれました。
やさしい!

なんか市から発行されるなんとかパスポートというのがあって
それがあれば子どもは無料で入れるらしいんだけど
そのパスポートを無くしててもしょうがないということで
入場料免除にしてくれたんだろうと思います。


こんな植物の標本があったり、
植物の標本で壁が作られていたり、


ぞうの模型があったり。




女の子がこのぞうさんの口の中を見て
「歯がきたない〜やだ〜」と言っていました。
やっぱり白い歯が魅力的ですよね♪

こんな「ねずみの生態系を知ろう」みたいな
セクションもありました。



ねずみの巣の仕組みが分かるんだよ。
ねずみがあまり好きじゃない私はちょっと怖かったです。

化石とか、ほこりとか、きのことか、
なんだかいろいろありました。


そして、第2セクションに行くと
本当に「科学」って感じの所。


この右の4つ並んでいる物は
ナトリウム・カリウムなどの違いによって
どのように火の色が変わるかなど、
ボタンを押すと火が出る仕組みで
これは何か忘れたけど赤色になる物質だったよう。



あとは、ドラム缶をすごい熱してから水をかけると
ドラム缶がこんな風にへこみますっていうビデオがあったりとか、


なんかとりあえず科学的でした。笑

女の子と男の子組に別れて、
男の子は科学館の中はあまり興味なかったようで
ぱーっと見てすぐ外に出てってしまったみたい。
女の子はすべてじっくり見てました。


そして、外には公園も隣接されているので
公園ではしゃぎました。

そしてつくし発見!



つくし、懐かしい!!
女の子が手に取って見せてくれました。
きゅん♡


私は田舎出身だからよく食べてたけど
仙台出身の人だと食べたことない人も多いみたい。

昔はつくし取ったり、よもぎ取ったりして
おばあちゃんに料理してもらってたっていう話から、
昔蜂の子を食べていたという話をしたら
「テレビで見たことはあるけど本当に食べるんだ〜」
って大人の方に言われました。

最近は食べてないけど、
小学生の時には食べてたなぁ。

昔は、従兄弟たちと
ガレージにあった蜂の巣を目がけてキンチョールを放ち、
蜂を追い払って、
棒でばしばし叩いて中にいた蜂も追い出して、
全部いなくなったところで蜂の巣を落として、
蜂の巣から蜂の子をほじくり出して
醤油と砂糖和えにして焼いて食べてました。

今思うと残酷。
蜂の親たちかわいそう。

よくやったなぁ。
そんなこと。
「キンチョール」っていうのがなんとも昔っぽいでしょ。

というか、昔は
自分も何か手伝ってた気になってたんだろうけど
実際はきっと横から見て
きゃーきゃー逃げてただけなんだろうなって
今になっては思います。

周りのお兄ちゃんたちに守られてたんだろうな。私。
昔私は「とうふ」だったし。
この話、また書こうっと。

とりあえず仙台市科学館、楽しかったです♪
最後の最後に行けて良かった◎

2013年3月26日火曜日

最終ディブリーフィング


あと一週間で1年8ヶ月やってきたお仕事も終わり。
ということで今日はスタッフとコーヒーを飲みながら
「最終ディブリーフィング」をしました。

私は復興支援団体で働いて来たわけですが、
私たちはいつもボランティアさんたちが来た時に
毎朝「ブリーフィング」をして、
一日の終わりに「ディブリーフィング」をしてました。

ブリーフィングとは
→軍事行動などで細かい指示を与えること
という意味で、
毎朝、今日の作業内容とか注意事項とか話してました。

ディブリーフィングとは
→<特定の任務を終わった人から>報告を受けること
という意味で、
その日の作業内容、感じたこと、ショックだったことなどを話してもらってました。

ブリーフィングはもちろん大切なんだけど
仮設住宅に行ったりして被災された方々のお話を聞いたりしたら
その後のディブリーフィングっていうのがとっても大事です。

もちろん個人情報などその方の秘密とかは守るけど
ある程度は他の人に「こういう話をしました」とか
「今日はこういう状況を見て辛かったです」とか話さないと、 
逆に話を聞いている人の心が疲れ切ってしまうこともあります。

それは常時いるスタッフも同じことです。
誰かに自分の思っている事を話さないで
自分ひとりで受け止めようとするとそれが辛くなったりしてきます。

特にスタッフとして長期間で働いていた人たちは
離れる時にたっぷり時間を取ってディブリーフィングをすることを
会社側でも強く勧めてくれているので
今日はスタッフさんたちとおしゃれカフェでディブリーフィング。







おいしいケーキを食べながらしあわせな時間でした。
その中で働いている中で
・一番つらかったこと
・一番楽しかったこと
・最初来た時に期待していたこと
・期待と違ったこと
・この働きを通して何を見せられたか
などなど話し合いました。

そして最後になぜかリーダーが
「みんなでお互いの神様からのギフトを言い合ってみようか」
と言い出しました。

神様からのギフトというのは
「神様は一人一人に他の人にはない特技や才能を与えてくださっている」
という考え方からそう呼ぶんだけど、
簡単にいうと「その人の長所」みたいな事。

で、いろいろ話していくうちに
結局短所も話すハメになりました。

==
でね、一つ目の私の短所は
「自分が無理と思ったことは絶対に無理と思い込むところ」
って言われました。

そんなにそうだっけ?と思ったけど、
いろいろ思い出したら確かにそうでした。

私は、たぶんみんなで何かやることに関しては
「絶対に無理」と思うことが少なくて、
「どうにかなるっしょ」っていうことが多いんだけど、
周りの状況とかじゃなくて自分が何かやらないといけない事になると
「絶対に無理」って思ったら本気で断る癖があります。

例えば何かの会の司会とか、
行った事のないミーティングにいきなり参加するとか、
周りから見れば「やれば全然できそうなのに」ということでも
「いや、その会は無理」とか「そのミーティングは無理」とか
自分の中で「あの雰囲気の中では司会はできない」とか
決めつけたらもう絶対に無理みたいな所が結構あります。
「その会なら大丈夫」とか、変なこだわりがあるんだよね。

だから、それを直した方がいいという話でした。
「無理って言ったらそこからは何も生まれないけど
 やってみたらそこから何か生まれるかもしれないじゃん」
って言われました。
理屈は分かるんだけどね。
がんばります。

==
で、二つ目の私の短所は「超優柔不断」なところ。
と言われました。

いや〜。私は自分のお兄ちゃんの方が優柔不断だと思ってたけど
私もみんなから見たらかなり優柔不断だったらしいです。

優柔不断というか「決断力がない」という事を
みんな言いたかったみたいです。

でも、その前に私の長所で
「何でもできる」「仕事が早い」
っていうのを出してくれてたので

やさしいみんなは、
「何でもできるわりに決断力がないから
 でしゃばらなくていいよね」
っていう、
良い方向にみんなが持って行ってくれました。

「ずむちゃんほど仕事ができちゃったら
 普通はどんどん一人でやっちゃいそうなのに、
 決断力がないから自分では決めずに
 こういう選択肢がありますよっていうのを調べ上げて
 リーダーに『さぁどれにしますか』って出してくれるから
 リーダーにとっては最高だよね。スーパー秘書だよね。」

と言ってくれました。
そうなのか〜。

私、本当に最終結論が自分で出せないタイプで
今までの仕事とかでも
二通りいいかもって思う物とかがあったら
その二通りの物の長所と短所を徹底的に調べて
それを上の人に言って決めてもらうみたいな感じで、
調べるのは好きだけど決断は下したくないみたいな子なんだ
っていうのを改めて気づきました。

でもそれって結局は自分で決断したら自分のせいになるからという
「逃げ」なんだと思うけど。

それだから進路がすぐ決められなかったり、
成り行きにまかせたり、
私の人生、逃げまくり人生じゃん! って思わされました。

みんなは
「秘書みたいなNo.2のポジションにいる時はそれでいいと思う」
って言ってくれたけど、
時には自分できちんと決断しないといけない時もあるよね。
そうじゃないと人のせいにしちゃうこともあるだろうし。

必要な時には逃げないようにがんばろう。

==
あとは「やさしさと気遣いがさりげない」と
ほめていただきました。

そうなのかな?
人をほめるのは超不得意だけど
言葉に出さないやさしさとか気遣いは得意なのかも。

でもそのやさしさとか気遣いが気づかれないことが
よくあるっていうね。

でも気づかれるためにやっているわけじゃないから
気づかれなくてもしょうがない。

たまには切ないこともありますが、
神様がすべて見ていてくれるという
超ポジティブな考えの持ち主なので
そんなにへこむことはありません◎

でもちゃんと分かりづらいやさしさじゃなくて
ちゃんとしたやさしさも持てる人になりたいです。

==
と、まぁ、そんなこんなで、
こんな風にお互いの長所と短所言ったり
辛かったこと全部言ったりする時間って
なかなか大人になると取れないから
とっても有意義な時間で自分発見の時間にもなりました。

そして良い仲間に恵まれてしあわせだ〜☆

2013年3月25日月曜日

バナップルって見たことありますか?


今日友だちに
「巷で流行ってるバナップルって知ってる?」
って、
「バナップルって聞いたことないっしょ?わかんないっしょ?」
って感じのテンションで聞かれました。

初めて聞いたけど普通に
バナナとアップルなんだろうなぁ
と分かってしまったので
即答してもいいものか迷いながら、
他の回答が頭の中に思い浮かばず

「バ、ナナ…と…アップル?」

って自信なさげに答えてみました。

そしたら友だちは
「…そう。」

とつまらなそうだったけど、
買って来てくれていたようで一緒に食しました♪

「見た目はバナナだけどアップルの味」
というのを売りにしているらしい。

まさか〜
って言いながら食べました。

でもマジで
「見た目はバナナだけどアップルの味」
だ!!!

バナナなのにぬめっと感がなくて
味も酸味がきつい感じでりんごのよう。
食べやすいしおいしい!!

バナップルのサイトによると
2012年4月に発売開始されたみたい。

さすがテレビなし生活をしていただけのこともあり
バナップル情報が私の元に入って来たのは
2013年3月末。ほぼ1年後でした。

さて、仕事最後の一週間、がんばります。

2013年3月24日日曜日

歯ぎしり防止マウスピースゲット!

少し前に歯ぎしりのためのマウスピースを作るかどうか
めっちゃ迷ってた私ですが
検討した結果、作ることにしたわけですよ。
(参照:歯ぎしり

そして今日は歯医者に行って来ました。
午後の診療15時からの所で15時予約だったもんだから
15時に4人くらいの患者さんが一斉に呼ばれて席へ。

他の人もいるのに
先生は真っ先に私の所へやって来ました。
「どうですか〜?」
と一言だけ言う先生に
「やっぱり作ってもらおうかと思って」
と言うと
先生、満足げ!笑

たぶん「説得した甲斐があった!」って
感じだったんだろうな。

「では型を取って歯のお掃除しますね〜」
とそそくさと去って行った。
また説得しようと気合い入れて待ってたのかな。

で、掃除の時、普通は歯科衛生士さんがやるのに
その日はあまりかまえなかったせいか
わざわざブラッシングだけを歯科衛生士さんがやって
歯石取りは先生がわざわざやってくれました。

変なガムみたいな物を噛んで型取りはすぐ終わったんだけど
1週間しないとできないみたいなのでまた来週行ってきます。

===
そして一週間後追記:

はい。
昨日は歯医者に行って来ました!

そうです。
気になるあいつをゲットして来ました。

こいつ。

歯ぎしり用マウスピース。

そして夜装着して寝たら、
朝起きて前歯が痛い!

起きてから2時間くらいは痛かったなぁ。
大丈夫なんだろうか。
めっちゃ不安。
でも何日か付けてみるしかないね。
様子見てみます。

===
5ヶ月後追記:

マウスピースを装着すると前歯に違和感があったため、
購入後はしばらく装着せず。

しかも、マウスピースを作った直後に引っ越してしまったため
同じ歯医者さんに行けず、
「他の歯医者でもいいですから行ってくださいね」
と言われていたが、なかなか行けず。

朝、前歯が痛くなるのが嫌で、
装着せずに寝ていた。

すぐに歯医者さんに行って直してもらったら良かった・・。

でもその後、また顎の痛みが再発したので、
歯ぎしりのせいだろうと思い、
歯の痛みが気になる時は装着して寝ることに。

すると、今度は朝起きても
前歯もそんなに痛みはない様子。

それからはなるべくつけるようにしてみた。

確かに歯ぎしりによる顎の痛みはなくなる。
いいかも!

でも、毎日つけていると
「マウスピース邪魔だな」という思いが起きて
寝られないことがたまにある。

だから、「絶対毎日つけなきゃいけない!」と思うのはやめて、
「歯が痛いな〜」
「今日歯ぎしりしちゃうかもな〜」
って思った日だけつけることに。

疲れた日やストレスがある日は歯ぎしりしやすいみたい。

マウスピースをつけたら、
「いくらでも歯ぎしりしていいから、ぐっすり寝よ♪」
と思えるように。

いや、良くないけど、でも、マウスピースをつけないで寝るよりいい。

マウスピースも必要だけど、
そのストレスフリーなメンタルが必要。

ということで、歯ぎしり防止のマウスピース買っておいて良かった!

歯の形なんて、そうそう変わるものでもないし、
一つ持っておけば、「今日顎痛いかも」っていう日や
「歯ぎしりしそうだな〜」ってなんとなく感じる日に使うだけでも
作って損はないかなと思いました。

でも、マウスピースのことをよく分かっている歯医者さんで作ってもらうことをオススメします!
(ちなみに若手の歯医者さんの方が顎のこと心配してくれる感じです。)

歯ぎしりフリーな生活がしたいな〜。

2013年3月23日土曜日

My perfect Sunday



My perfect Sunday starts with a church service and ends with Starbucks. 

私の日曜日は教会に始まりスターバックスに終わります。
大好きな日。

今住んでいる所はそんなに街中ではないんだけど
30分歩いた所にスターバックスがあります。

前は車でびゅんっと5分くらいで行ってたスタバだけど
運動不足がひどいので最近は歩いて行くことに。
往復1時間歩くとまぁまぁな運動になります。

この「徒歩圏内にスタバがある生活」から離れるのは
とってもとっても寂しいです。

そして今日は最後だから贅沢にスコーンまで食べてしまいました。

==
さて、日曜日の午後は毎週
「1時間くらいのお話をタイピングして文章にする」
というお仕事をしていまして

昔はそれに5時間くらいかかってた気がするけど、
最近は3時間かからないで出来るくらいになりました。

振り返るともう3年もやっているんだな〜。
ということは、

3年×(12ヶ月×4週)×4時間=576時間
432時間÷24時間=24日間

なので、少なくとも3年間のうち1ヶ月くらいの時間は
私はひたすらタイピングをしていたということですね。
恐ろしき。

しかもこのブログを書いている時間とか
メールしてる時間とか
仕事中の時間とかもタイピングしてるので
かなりの量をタイピングに費やしている私。

実際どのくらい早いのかチェックしてみようと思って
パソコンでやってみました。

結構簡単にチェックできる。
10000人中222位だったよ。
これ、結構早いんじゃないかなー?
どうなんだろ。


2分間でどれだけ打てるかってやつなんだけど
これは漢字変換とかしなくていい物なので
結構楽です。

日本語は送り仮名とか漢字変換とか変換が大変だから
私がこれ以上タイピングが早くなったとしても
1時間の話を2時間以内で打てるようになるのかっていったら
どうなんだろーって思います。 
アルファベットなら変換なしで打つだけなのにな。

今は1時間の話を普通に何もストップせずに聞いて
打てる部分をひたすら打って、
2回目に聞く時に空いている部分を埋めていく形で、
早く打てている時は2回目をあまりストップせずに埋められるんだけど
たまにストップするから2回目に1時間半〜2時間かかることになり
合計で2時間半〜3時間かかる計算になります。

これが英語だったら
話す人のスピードで打てればいいだけの話だけど
漢字は変換して選ぶところまでやらなければいけないのが
本当に大変。

目指せ2時間の壁。

==
そしてよく外国人にも言うけど
日本語って本当に難しい言語だなって思います。

・ひらがな、カタカナ、漢字を覚えないといけない。
・謙譲語、尊敬語を覚えないといけない。
・漢字を覚えないといけない。
・送り仮名を覚えないといけない。
・ローマ字打ちを覚えないといけない。
・単語の間にスペースがないから読むのが超難しい。

こんな難しい言語はないんじゃないかって思います。
外国人にとって唯一簡単なのは「発音」のみ。

外国人が日本語を習う場合、
パーフェクトな日本語の発音できる人は少ないかもしれないけど
それでも基本的に話が通じることの方が多いと思います。

前に何かの実験で
「日本語の場合、話している人の話の
文の間の一文字ずつを雑音で消したとしても
ちゃんと話は相手に伝わる」
ってやってました。

例えば「おはようございます」を
「お・よ・ご・い・ま・」と
「・」の部分に雑音で入って消えてたとしても
イントネーションや推測でだいたいみんな話が分かるらしい。

だから外国人にとって最初は日本語は簡単に思えるんだって。
ちょっと勉強すればすぐ話が通じるから。
でも深くなればなるほど
漢字とか文法とかで挫折したりして
マスターできる人はなかなかいないみたい。

==
それに比べて英語は
LとRの発音が違うだけで意味が通じなかったり

韓国語も
「ぱ」と「っぱ」の息の出し方で意味が通じなかったり

他の言語は発音がとっても重要です。

なので日本人が他の言語を習うというのは
とっても大変なこと。
だって日本人が持っている音が元々少ないし。

でも時間が経って慣れれば発音はどうにかなるもの。
(と私は思っている。)
 
ということは、日本人にとって喜ぶべきことは
この「とっても難しい言語」といわれている日本語を
最初からマスターしているということ。

日本語をマスターするのって本当に難しいから
それは習わなくていいなんてなんて素敵なんだ♪
他の言語はがんばって覚えたらいいじゃないかー♪
って思います。

==
ということで話はかなりズレましたが
とりあえず日本語は打つのが大変ですよね。

でもだからこその
「日本語の美しさ」
があったりしますよね。

ブログ書くことによって文章力あがるといいな。

東北を去る日まであと一週間。
まだ実感が湧かない私。

賞品やプレゼントなどの連続で幸せな日♪



会社のNTTの固定電話の支払いを私がやってるんだけど
暇な時にサイトでなんとなく懸賞応募したら
RHODIAのノートが当たったよ♪

しかもネットで見たら
ハードカバー付きRHODIA
1890円もしたよ。
高いっ!!

これ私もらっていいのかな。
仕事仲間に後で聞いておこう。

でも懸賞ってたまに当たるから止められない。
って言っても私はハガキ送ったりする懸賞とかは
当たらなかった時に切手代がもったいないのでやらず。

たまにネット上でクレジットカードのサイトとか
JALとかANAのサイトとか、
そういうのでやる程度なんだけど
前は「ディズニーパーティーチケットペア券」が
当たったな〜。
5000円分の商品券も当たったことがある。

とりあえず当たってうれしい♪
風邪の時にテンションあがりました♪

==
そして、今日は風邪は治ったはずなのに
お腹の調子が良くなくて
お粥&スープ生活をしている私の所に
髙島屋さんからお荷物が。


しかも冷凍便でだよ。
誰からとかも書いてないし
「なぜ髙島屋から?」
と思いながら開けてみた。

  
青山のフレンチレストラン・ランスヤナギダテの
柳館シェフの半熟チーズケーキと
アリスオショコラ。
名前からして高級そうなケーキ。
中を開けてみた。
おいしそ〜! 


でもだれからなのかは一切不明。
名前は私宛てだし、住所もあってるけど
送り主は「髙島屋グルメバラエティサービスセンター。」

「あれ?これも懸賞当たった?
 神様からのプレゼントか〜?」
なんて考えながら、
でも食べてから間違いだと言われても困るので
髙島屋に電話してみました。

そしたら
「○○市の○○様からです」
と普通に教えてくれました。

前にボランティアに来てくださった方だーー!!!

早速「もしかしてケーキ送ってくださいました?」ってメールをしたら
返信がすぐありました。

カタログギフトが家にあって「何にしよ〜」って思った時に
私の顔を思い出して送ってくださったそう。
「みんなでのんびりケーキ食べてね♪」って。
私、どんだけケーキ好きな顔してるのでしょう?笑

でも、そうやってふとした時に思い出してくれるなんて
感激ものですよね♪

とりあえずそのまま冷凍してみんながいる時に食べよう。

==
そして午後になったらだいぶ元気になったので
今日は自分の部屋の掃除と
自分のオフィスのデスクの片付け。

オフィスの片付けが夕方に
ほとんど終わったところで
他に誰もいないのに

「よし。よくやった自分。」

と発した私。

そこで"はっ"となりました。

やばい!
やっぱり自分で自分をほめている!
しかも声出した!今!

普通「終わった〜♪」とかは言うかもだけど
なかなか「よくやった自分。」は出てこないよね。

前のブログ「ほめ日記」で書いたばっかだったから
一人でウケちゃいました。

しかも"はっ"となった時にも
とっさに胸に手当ててるし。

どんだけ一人の時にリアクション多いんだ。私。

RHODIAもケーキももらって
片付けも終わって自分で自分をほめて
しあわせもんだね。私。

ちゃんちゃん♪

2013年3月22日金曜日

仮設住宅のおばちゃんの「今が旬」とは?

こんにちは。
お腹の調子が優れないこと以外は元気なずむです。

そうそう。
昨日の「どうしても外せない用事」というのは
今まで仮設住宅でやっていた「英会話教室」の最終日だったんです。

でも、今回は英会話教室ではなく、
それに参加してくださってたみなさんと「食事に行こう」の会でした。

ハングル講座を6ヶ月。
英会話教室を3ヶ月。
月に2回会うだけだったけど、
約9ヶ月を共にしてきた方たちとのお食事会。

ハングル講座から英会話に切り替わった時点で2人くらい来なくなって
今日も全員は来られず今回は6人+スタッフ1人+私の合計8人で行きました。
一番熱心に参加されてた方たちはみんな来られたから良かった。
日本料理のビュッフェスタイルのレストランだったんだけど
私は何といっても朝まで熱はあったしお腹の調子は良くないしで
ちょびちょびしか食べられませんでした。

でも、みなさんとたくさん話せて良かった♪

==
私の前に座ってたお母さんは50代前半の方なんだけど
震災前からの苦労話などをしてくれました。
 
そのお母さんは
恋愛結婚で田舎の農家の長男の嫁となりました。
自分の親からは「長男の嫁は大変だからおまえにはつとまらん」と
言われたそうですがその時は好きだから
何も考えずに結婚したそうです。

結婚して、旦那さんは優しいけれど
やはり肩を持つのは妻よりも自分の親の方。

子どもを産んで子どもと一緒に居たくても
家の畑の手伝いをしなくてはいけない。
 
子どもは姑さんが育て
自分はおっぱいだけを飲ませに行く状況。
一日中畑仕事をして
家に帰って布おむつを洗うのは自分。
毎日全員分の食事を作るのも自分。

休みなんてなく、何か買い物に行くのにも
姑さんに子どもを見てくれるように頭を下げて
一刻も早く帰って来る。
一人でぶらぶらする時間などない。
遅くなろうものなら文句を言われる。

朝昼夜、毎食をみんなで共にする。
常に姑に怒られないかと緊張した生活。
一分でも気が休まったことがない。
そんな生活を二十年以上。


そして震災が起こった。

そのお母さんも
家やすべての物を失った。
畑も失った。
でも家族は全員無事で今みんな同じ仮設住宅に住んでいる。
一つの仮設住宅は狭いから旦那さんと二人暮らし。


お母さんは私に語ってくれた。

「私にとって今が旬だよ。」

心からの笑顔。

「今までモールをぶらぶらしたこともなかったよ。
 今はやっとどこに何の店があるかくらい分かるようになったよ。」

「今までは隣の奥さんと顔を合わせても
 時間がなくてお互い挨拶しかできなかった。
 今はこうして一緒に韓国語を習って、英語を習って、
 こうやってのんびり食事に出て来られる。
 本当に私は旬だよ。今が旬だよ。」
すごく嬉しそうに話してくれた。


きっとそんな「今が旬だよ」なんて
震災で家族を失った人たちには言えないのかもしれない。

でも周りに家族を失った方がいない時に話してくれた。


ずっと時間のなかったお母さん方にしてみたら
「韓国語を習うこと、英語を習うこと、ランチを友達とすること」
すべてがテレビの中の出来事のように思っていたのかもしれない。

それが実現した。

私はすっぴん美人の韓国人でもないし、
英語を話しそうな金髪美女でもないけれど、
そのお母さんの「今が旬」を少しでも手伝えたこと、
その場所に一緒にいられたこと、
とっても嬉しくなりました。

最後にみなさんがお金を出し合って用意してくれた
箱菓子をプレゼントしてくれました。
そんなこっちが支援してる側なのにプレゼントをもらっちゃうなんて!
でも嬉しかったです。


そしてお別れの時は
「ではアメリカ式でハグでお別れしましょ」
って言って一人一人ハグしました。

一人一人にハグしながら
「ありがとうございました。」
「楽しかったです。」
「また遊びに来ますね。」
と伝えました。

そうしたら「今が旬」と語ってくれてたお母さんが泣いてました。
横のお母さんもつられて涙を流しておられました。

私は風邪がぶり返して来て意識が朦朧とし始めてきていたので
その時は泣かずに挨拶できました。
(後から思い出し泣きはしたけど・・。)

「みなさんに会えて良かったです。本当にありがとうございました」
「みなさんの家ができた時にはピンポーンって遊びに行きますから」
「またすぐに来ますから」
と伝えました。

みんなの家ができるまであと2年くらいかな。
本当に遊びに行きたいな。
この筆無精な私がハガキを出したり連絡取ったりできるかな。
がんばろうっと。

東北もあと10日。
さみしい。

2013年3月21日木曜日

風邪+お風呂 良いのか?悪いのか?


昨日は風邪で熱が出ておりまして
一日中寝ていました。

今日は絶対に行かなければいけない用事があったので
朝起き上がってお風呂に入りました。

「風邪の時にお風呂に入るのは良くない」
 ってよく聞きますが
汗かいてるしお風呂に入らずに外出できない!
と思ってネットでいろいろ検索。

ポイントは
・高温のお湯に入らない
・長時間入らない
・高熱でなければ入ってよい。(ある人によると37.5度以下。)
・お風呂に入る気力があるくらいなら入った方が清潔。
・ふらふらできちんと拭く気力がないなら入らない方がいい。
・湯冷めしないように髪をちゃんと乾かす。
・お風呂に入った後に急激に体温が下がるのでヒーターで温めた部屋で布団に入る。

ということで、
とりあえずお風呂に入りました。

そしてちゃんとネットで学んだ通りにして
髪を早く乾かして布団で少し温まりました。

そして体温を測ってみると、
お風呂入る前は37.5度の熱だったのに
お風呂入ったら36.3度まで下がってました。

おぉ!すごい。

そしてそのまま熱は下がり続け35.9度に!

(はい。平熱が低いです。
 これは改善するべき。がんばります。)

それでなんとか行くべき用事に間に合いました!

ネットで調べたら
熱が出て次の日どうしても外せない仕事がある人で
この「お風呂に入って熱を下げる」という荒療治をしている人が
結構いるみたいです。

でも40度近い熱の時とか一人で入れないほどのふらふらな状態の時は
体力がなくて危険なので本当に止めた方がいいみたいです。
注意してください!

お風呂に入るのは実際かなり体力を奪われるみたい。
そういえば昔、めっちゃ空腹の時に
高温のお風呂に長時間入って貧血になった記憶が。
初めての貧血になった時には「このまま自分は死ぬんだ」とまで思いました。
生きてて良かった。

そういえば仙台でも一回貧血になったな〜。
それはまた書きます。

==
でね、風邪薬っていうのは胃に良くないというのを
今回初めて知りました。
風邪治ったと思ったのに夜になったら胃がきりきり痛くて
今度は「風邪 胃 きりきり」ってネットで調べたら
風邪薬を空腹時に飲むとそうなるって。
だから「食後30分以内」って書いてあるのね〜。
なるほど。
グーグル先生ありがとう。

今日はまだ風邪が完治してないのでこの辺で!
健康が何よりだなってしみじみ思っているずむより。

==
(写真は台湾の「豆花&タピオカ」)
※これから話に関係ない写真をランダムに載せていくかも。
 今までの写真で載せてない物がありすぎて・・。笑

2013年3月20日水曜日

12年前からベジタリアンのアメリカ人。一体何があったのか!?


そういえば先週、
ベジタリアンのアメリカ人と食事をしました。

教会に来ている方の同僚のアメリカ人で
私も英語をしゃべれるからって教会の奥様が誘ってくれたんだけど、
野菜づくしで癒やされました。

そこで前に書いたBurdockが訳にたったよ。
なぜだかアメリカ人と日本食の話になると「ごぼう」がよく出て来るんだけど
英語の呼び名を知っている人ってあんまりいないんだよね。

その人も「これはbamboo shootだよね」って
「竹の子」のことは分かってたけど
ごぼうの英語名は知らなかったみたい。

で、とっさに今日は
What's this? -- Ah, that's Burdock.
って答えられて
「おぉ!ブログで書いたやつでてきた!」
って一人で心の中で感動してました。

==
で、その方、たぶん50代くらいなんだけど
いろいろしゃべってたら途中で
「昔は僕もこんなに大きなステーキを食べていたんだよ」
って話して来た。

へ?
生まれつきベジタリアンじゃないの?

って思ったけど、
何か大事故して手術したとか宗教的な理由とか
言いづらい理由かもしれないなぁと思って
私は聞かず。

でも、そのまま通訳して
「昔はこんな大きなステーキ食べてたんだって」
って日本人のみんなに言ったら
みんなもちろん私と同じ反応でして。

「えー!昔はベジタリアンじゃなかったの?」
「いつから?いつから?」

ってなってて
結局聞くのは通訳者の私になるので
私が聞くはめになりました。
 
私がちょっと聞きづらそうに
umm.. so.. since when..
みたいなことを言い出したら向こうが察知して

12years.
って話してくれました。

12年前に彼に何が起こったのか!!

みんなもちろん
「なんでなんで?」
ってなったので聞きました。

そしたら彼の回答は
「Discipline」
でした。

日本語に訳すと
「訓練」
だそうです。
 
えーーー!
理解不能。

☆彼の説明によると・・

彼は昔もっと太っていたそうです。
(今は日本人より少し大きいくらい。)

そうするとお医者さんに行く度に
「これはこれくらい、これはこれくらい食べましょう」
というリストを渡されるらしい。

でも何年もがんばってみたけど最終的には
「このリスト通りに食べるのは無理だ!」
という結論に彼の中でたどり着いたそうです。

そこで彼は考えました。
「このリスト通りに食べられないのならば
いっそのこと肉パートをすべて取ってしまえば
無理にでもヘルシーな食事をするしかないから
このパートをすべて取り除いてしまおう!」と。

それが12年前。
そこからベジタリアンな彼。

そこまでの意思力があれば
リスト通りの食事とか簡単にできそうですけどね。

で、アメリカに住んでいるんだけど
(ちなみにテキサス州。)
世界に支社を持つ会社で働いているから
出張でいろんな国に行ったりするのに
肉が食べられないから
各国の豆腐を食べているらしい。

「一番好きな日本食は何ですか?」
って聞いたら
「豆腐」
と言っていたよ。

「大阪のどこどこの店の豆腐の種類が
 今まで見たこともないくらいの多さであれには感動した」
って話してたけど
感動するポイントが・・笑。

アレルギーとかなら分かるけど
Disciplineのために好きなのに肉を食べないなんて!

好きなら「味わう」くらいには食べたらいいのに・・
って私は思ってしまうけど

彼曰く
「一口でも食べてしまったら
 もう止まらなくなるから一口も食べないんだ」
 とのこと。

肉がそこまで中毒性のある物だとは知らなかったよ。
恐るべし肉。

==
で、みんなで「すごいね〜」ってなってたんだけど、
先日彼はヨガを試してみたそうで、
そしたら足がつったんだって。

それでみんなで日本語で
「それきっと肉を食べないからタンパク質足りてないんだよね〜」
ってなってたけど
あえてそこは通訳しませんでした。

==
そして彼にいつも何を食べているのかと聞くと
「肉の入っていないホットドッグや
 肉の入っていないハンバーガー。」
との回答。

さすがアメリカ。
なんでも「ベジタリアン用」がある。

「ベジタリアン用のハンバーガーパティの材料は
 すごくヘルシーなんだけど塩分がかなり高いんだよね。
 だから塩分を気をつけている人は食べられないんだ。
 それだけが問題だね。」
って言ってたけど
普通に肉食べて野菜食べた方がよっぽどヘルシーなんじゃないかと。

肉食べないならいっそのこと
ホットドッグやハンバーガーを食べるのも止めたらいいのに〜。

なんかアメリカでの肉の食べ方が半端ないから
「肉はダイエットの敵だ。
 肉を食べなければヘルシーになれる。」
みたいにアメリカではなっているような気がしますが、
食べ方の問題なのにね。

でもレストランでのステーキの大きさとかも
日本で食べる倍くらいの大きさなので
「適度に味わって食べる」程度にするのは
確かに難しいのかもしれないです。

そんなこんなで私もアメリカいた時8キロくらい太ったし。
恐るべし肉&アメリカ。

アメリカでは「ベジタリアンです」と言って過ごすしか
健康的に過ごす方法はないのかな。

お肉ってあんなにおいしいのにさみしいね。

あっ、話が脱線してきたけど・・

とにかく、どんなにからだに良い食べ物でも
「食べ過ぎ」はからだに良くないので
みなさん、からだに必要な食物を適度に摂っていきましょう!

2013年3月19日火曜日

お腹がゴロゴロする人は、私の仲間かも?

そこで歯医者が終わり、今度はのんびりしようとスタバへ!

掃除してもらったばっかでコーヒーは気が引けたので
ラベンダーアールグレイティーラテをSOY(豆乳)で!
















豆乳は健康志向とかじゃなくて牛乳が飲めないからなんです。

なんという症状だったか、いつも名前忘れちゃうから
前のブログでその事に関してまとめたのを開いて読んでみた。
(参照:敵発見!

そうそう。
乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)
です。
名前をいつも忘れちゃうんです。

結局は乳糖をうまく分解できないってことなんですが
よく調べたら
「世界の成人人口の70%」ができてないらしい。
私全然マイノリティーじゃないじゃん!

『健康な成人における乳糖不耐の割合は、
 アメリカの白人で8%、
 黒人で70%、
 日本人では85%にのぼります。』
(参照:Think Health No.77 牛乳

って!
日本人ほとんどじゃないですか。

その代わり、アメリカの白人の8%っていうのが逆にすごい。

この病気(症状?)のことをアメリカ人に教えてもらって
「アメリカでは結構知られていることだよ」
って聞いていたけど、
アメリカは地域上、昔から牛乳で栄養を取って来て、
アメリカでは乳糖を分解できない人が8%しかいないから
乳糖が分解できない人が病院に行くと
「やばいですよ、あなた!乳糖分解できてませんよ!」
ってことになって病気扱いされていたということだと思います。

日本人は逆に
「牛乳飲めばお腹はちょっとはゴロゴロするものだよ」
みたいに思っているのかな。

日本人でも本当は乳糖不耐症の人たくさんいると思うんだよね〜。

うちの兄も下痢とかするから
「絶対そうだよ」
って言ってるんだけど認めようとしないし。
認めて牛乳飲まなくしたら下痢痛から解放されるのに。

でも、
「牛乳のせいだとはっきりわかる方は約2割です。
 幼稚園や学校で牛乳を飲んでいるうちには出ず、
 思春期以降にたまにしか乳製品を摂らなくなったときに
 気づくことが多いようです。」
(参照:乳糖不耐症

ということらしい。

じゃぁ、飲み続ければ大丈夫なのかな?


学校で強制的に牛乳飲まされて
下痢にめっちゃなってる子がいたらかわいそうだよね。
ちびまるこちゃんの山根君もそうかもね!?

ヨーグルトは大丈夫だけど
牛乳を大量摂取すると激痛が来ることがある!
下痢する!
という人はもしかして私の仲間かも。

ってどんどん仲間を増やそうとしているずむでした。

みなさん、体はお大事に♪

そして急に風邪を引きました。
熱が37.7度。
東北最終週に差し掛かる直前にこれはきついっ!
がんばります。

2013年3月18日月曜日

仙台ステンドグラス前!

昨日、仙台のお友だちと遊んだ時のこと。
集合時間とか決めてたら向こうが

「じゃぁステンドグラス前に12時でいいかしら?」

と言って来ました。

おぉ!
なんだこの「ハチ公前で」みたいな響き!

「ステンドグラス前」って分からない~
って思ったけどまぁ駅のどっかだろうと思い、
そのまま「了解~!」と話を切り上げた。

ネット検索したら「仙台駅西口」ってあったので普通に行ってみた。

そしたら普通にいつも見ている場所でした。
中央口から出たら目の前に見えました。



















今までも通ってたのにステンドグラスがあることに気づいてなかった私。
人がどれだけ気になる物しか視界に入っていないかってことですね。

しかも待ち合わせしてる人たちが
すっごいたくさんいました。
まさにハチ公前!

みなさんも仙台駅で待ち合わせすることあったら
「ステンドグラス前で!」
って言ったら仙台通に思われるかも✭

近寄ってみたら
伊達政宗と七夕まつりのくす玉。
まさに仙台。


場所が分からない方は下記のマップ参照。


☆上のマップでいうと、
真ん中の「中央口改札」と書いてある所の左側、
ピンクのエレベーターの図がある方の突き当たりに
ステンドグラスが飾られています。

☆在来線に乗って来る場合は
中央口改札を出て
そのまま真っ直ぐ行くとステンドグラスに到着。

☆新幹線に乗って来る場合は
新幹線の中央改札口から出て
真正面より少し左に真っ直ぐ行く道があるので
そちらに進み、右手にあるエレベーターを降りたら
そこにステンドグラスが。

このマップにはステンドグラスの位置も表示されているので
こちらもご参照ください。



このマップだと右が北なので
ステンドグラスがある場所が一番上になっていて
ちょっと分かりづらいけど・・。