Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2013年9月24日火曜日

ESTA申請は自分でやろう!

来月アメリカのおばちゃんの所に
おじいちゃんを連れて行くので、
最近はその準備中。

チケット取ったり、
おじいちゃんを連れてパスポートの申請に行ったり、
なんやかんや。

今日はESTA(エスタ)の申請

日本からアメリカに行くのはビザ免除にも関わらず、
2009年1月12日から、
渡航認証」という名目でESTA申請しないといけなくなった。

前に一度取ったことがあったけど、
その時は無料だった気がしたので調べてみたら
やはり有料になったのは、
2010年9月8日かららしい。

ちなみに私が前回ESTA申請したのは
2009年11月3日。

きっとやり始めたら意外と人が必要で
処理手数料ということでお金を取らないとやっていけなくなったんだろうね。

===
値段は14ドル。

『米国への渡航認証を受けるビザ免除プログラムの各申請者に対し10.00ドルおよびESTA 申請の処理に対し4.00ドルです。ビザ免除プログラムに基づく米国への渡航認証を拒否された申請者は4.00ドルのみ請求されます。』

申請して落ちても4ドルは請求されるらしい。

ESTA申請にかかる費用は14ドルちょうど。
今のレートで1400円くらい。

自分で簡単にできるので、
自分で申請しましょう◎

友だちは知らずに代行業者に頼んじゃったらしく
5000円取られたらしい!

そりゃ知らなきゃ、5000円くらいかかるのかなって思っちゃうよね。

かかるのは14ドルです!

===
日本語のサイトで申請可能。

米国大使館・ビザサービス

しかもすごく丁寧なサイト。

ステップはこんな感じ。


前に登録したことがあって、
もしかして前のが使えるかも!?という方は
検索も可能!

ちなみに有効期限は2年。
パスポートを新しくしたらESTAも切れちゃうっぽい。

そして、私は分かっていたけど、
やっぱり有効期限切れていた。

ということで、新規申請。

入力内容も日本語で書いてある。

でも、入力はローマ字で入力しましょう。
パスポート通りに。

【ESTA申請するために必要な物】
・パスポート
・クレジットカード
・アメリカでの滞在先の住所(分かれば)
・航空会社&便名(分かれば)

【支払いについて】
『手数料はクレジットカードのみで支払うことができます。』

代行申請もできるので、クレジットカードは本人名義でなくてもよい。

私も自分のを申請する時に「追加新規申請」とやったら、
「グループの連絡先」を記入するように言われ、
私がグループ代表として全員分支払いができることに。



50人分までグループに登録できるらしく、
こうやって旅行代理店の人は代理申請しているのだろう。

普通にやれば10分もかからずにできるから、
これで、代行料金5000円もらったら、
1400円は実際に支払うとしても、
3600円の儲け。
儲けすぎでしょ!

そして、全員分入力し終わったら、下記を押して
クレジットカード情報の入力へ。


(これは一人分の場合の画面。14ドル。)

2人分だと「28ドル」と表示され、
グループ分は一気に全部支払うことが可能。

クレジットカード情報送信。

申請完了!

でも、その時点ですぐに認証はされない。
こんな文章が出て来る。

『あなたの渡航認証は現在審査中ですが、これは、審査に時間がかかるためであり、否定的な結果を意味するものではありません。72時間以内には決定が下されます。後でこのウェブサイトに戻り、申請済みの1人の、または2人以上のグループのESTA申請状況を検索、確認してください。』

すぐ認証されなかったら、
否定的な意味だと思っちゃいますよねー。

でも、誰でも72時間はかかるみたいなので、
ご心配なく◎

追記:ESTAが保留になったら・・

0 件のコメント:

コメントを投稿