Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2014年7月28日月曜日

iPhoneの【iPhoneを探す】機能がすごい!!!バイブでも音を鳴らすことができる!

先週、父がiPhoneを紛失するという事件が発生。

昼に「あれ?携帯は?」なんて言っていたみたいだが、夕方までは、「すぐ見つかるだろう」と言って、真剣に探さなかった父。
祝日だし、仕事の電話もないしいいや、と思っていたらしい。

そして、夕方、私が仕事後、帰宅。
そろそろやばいと、真剣に探し出す。

かけると鳴る。
ということは、壊れてはいなさそう。
誰もたぶん拾っていない。
でも、見つからない。

最悪なのは、バイブになっていたということ。
音が鳴れば簡単に見つかりそうなもんなのに。

可能性は、家か、昼に行ったスーパーか、どちらか。
スーパーに帰って来てからなくしたから、
何回かスーパーにも行く。
家の冷蔵庫の中や、車の中も探す。
見つからない。

家で何度も鳴らしてみる。
私も一緒にスーパーに行く。
見つからない。

真剣に探し出して、約1時間半経過。
もうあきらめようか、ソフトバンクショップに電話して、携帯を止めようか、なんて考えていたら…。

あっ、そういえば、iPhoneには[iPhoneを探す]機能があったな!!!

やってみよう。

おぉーーーー!地図が出た!

すごーーーい!どうやら、やはり、スーパーにあるらしい。

そして、拡大。
どうやら、スーパーの裏口から出て、横の建物のほうにむかった左側にあるらしい。

そこへ向かう。

しかし、もう夜で、外は真っ暗。
なかなか見つからない。
私の携帯で鳴らしてみるが、なんせ音が鳴らないから見つからない。

ふと、この(i)マークを押してみたら、

おっ!なんかできるらしい。
試しに「サウンド再生」を押してみる。

バイブなのに、音なるのかな〜?と半信半疑になりながら、やってみる。

すると、外から父の声が!!!

おいっ!!!あったぞっ!!!!!

やったーーー♪
かれこれ2時間の格闘のあとの勝利。

なんと、「サウンド再生」と押すと、
バイブ設定になっていても、
「ぴっぴーぴっぴー♪」と、なってくれる!!!!

これはすごい。

地図の正確さも、かなりすごい。
道の右側か左側かは違っていたけど、位置は合っていた!

最終的に、発見した場所は、フェンスの上でした。
誰かが拾って、フェンスの上に置いておいてくれたんだろう。
そりゃ、下に落ちてるだろうと思って下を探してても見つからないわけだ。

画面割れてたけど、とりあえず見つかって一件落着。


今まで、電池の消耗が激しそうだからという理由で、【iPhoneを探す】機能をオフにしていた私でしたが、早速、オンにしました。
みなさんもぜひ!!!


【iPhoneを探す】機能のおさらい。
===
①常に【iPhoneを探す】機能を「オン」にしておく。

設定 → iCloud → iPhoneを探す「オン」

②ここからログイン。

③Apple IDとパスワードが必要。
これが分からないと、iPhoneを探す機能も使用できないので、必ずどこかに保管して覚えておきましょう。
※パスワードは、大文字小文字の区別もあるので、要注意。

④iPhone発見!!!


この機能、感動もんでした。

あぁ、見つかってよかった。

詳しくは、公式ページもご参照を!

2014年7月2日水曜日

するっと綺麗!【アボカドの皮のむき方】&【アボカドが変色しない方法】!!

アボカドの切り方を友達に誉められたので、調子にのってブログにも載せてしまおう。

一度知ったら、な〜んだ、って感じなんだけど、その「一度知る」という行為が大事なんだよね。

ちなみに、このアボカドの皮の剥き方はカフェで働いていた時に、ボスから教えてもらった業。

他のサイトとかで検索すると、「皮と実の間に指を入れて…」とか、「スプーンで…」とかだけど、それより絶対綺麗にできる自信あり!!


【アボカドの剥き方】

①半分の所に包丁で切れ目を入れる

②種があるので、ぐるっと、回す

③両手でひねる。

④ぱかっ!!

⑤包丁の角で種を刺して取る

⑥皮をむかずに縦に線を入れる(「外の皮を最後まで切らない」というのがポイント。)

⑦このようにスライスする。(今回はスライスして食べるわけじゃないので、厚めにしましたが、そのままスライスして食べる場合は、もっと薄くても大丈夫。)

⑧バナナの皮をむくように、ぺろり。

⑨ぺろり。ぺろり。ぺろり。すーーっと取れていく。

⑩皮の残骸。こんなに綺麗に取れちゃうんです!

【アボカドが変色しない方法!】

そして、変色しないようにするポイントは、種をアボカドと一緒に入れること。
たったこれだけ!!!
(これをしないと、料理している途中から、少しずつ黒くなってくる。)


【アボカドをディップにしよう!】

①今回は、アボカドディップ(Guacamole・ガカモレ)のパウダーを使用。


②スプーンでざくざく潰す
(私は歯ごたえが残ったほうが好きなので、なるべく大きめに。)

③パウダーを入れる。


④完成!
(味が少し濃かったので、四角に切ったトマトを足して、まろやかにしました。)


今回使用のパウダーはアメリカで買って来たんだけど、日本のネットでは259円くらいするみたい。
↓↓

アボカドディップを一度も食べたことない方は、一度、パウダーで味を試してみて、「これを目指せばいいのかっ!」っていう味が分かったら、あとは、自分のお好みで味付けをするだけで簡単に作ることができます。

アボカドディップのレシピはアメリカのサイトにたくさん出てるけど、アボカド自体が最高においしい食べ物なので、以下のものをお好みで加えるだけで、かなり美味しいディップになります。

・塩コショウ
・にんにくのすりおろしorみじん切り
・ライム(ない場合はレモン)
・トマトの角切り
・パクチー(お好みで)
・むらさき玉葱(お好みで)

それを今回はタコライスにして食べました。
具ばっかで、なにががなんだか分からないものになってますが…。


あ〜。なんでこんなにアボカドって美味しいのでしょう。

でも、「森のバター」といわれるほど高カロリーなので、要注意。